事業資金の融資を行おう~ローン利用で大切なコトをKnow~

お金

負担

まずは借換えシミュレーションを取ろう

女性

住宅ローンの返済に負担を感じているようであれば、借換えを検討してみると良いです。一般的に残期間が10年以上、残高が1000万円以上、金利差が1%以上であればメリットが出ると言われています。1000万円の残高があったとしたら1%下がるだけで年間10万円、月で8000円以上の返済負担を軽減することができます。金利負担が減った分、元本返済が進みますから、返済額を変えずに返済期間を短くすることもできます。10年以上前とは経済環境も金融機関の取り組みも大きく変わっていますから、今の住宅ローンに借り換えるだけで大きな効果を得ることができるケースも少なからずあります。但し、住宅ローンの借換えのメリットは金利だけではありません。

金利以外のメリットを探ろう

返済額を大きく減らすことができなくても、他のメリットを得るために借り換えるということも視野に入れておきましょう。例えば、繰上げ返済です。借換え時は余裕がないけれども、将来は余裕のある分をどんどん返済に回していきたいと考えているのであれば、繰上げ返済をしやすい住宅ローンにしておくというのも1つの選択肢です。最近では、金利タイプが変動型、固定型に限らず、繰上げ返済手数料が無料となっている住宅ローンも登場しています。また、1回あたりの繰上げ返済額もどんどん小さくなっています。以前は50万円からだったり100万円からだったりするところが多かったですが、最近では1円から繰上げ返済を受け付ける住宅ローンもあります。