事業資金の融資を行おう~ローン利用で大切なコトをKnow~

お金

ローンの返済

まずは税金還付を受けよう

ビジネス

住宅ローンを組んだら当初10年間はゆっくりと返済をしていきましょう。なぜならば、住宅ローン減税があるからです。この制度は年末の住宅ローン残高に対して1%が税金還付されるというものです。いつまでも負債を抱えていたくないから繰上げ返済を積極的に行ってしまうと、税金還付も少なくなってしまいます。現在の金利水準は変動型で1%を切っている状況ですから、住宅ローンの組み方によっては、ほとんど金利負担をすることなくマイホームを手にすることができるのです。低い金利水準と減税により、マイホームはとても手に入れやすくなっています。将来の消費増税と金利上昇を見据えてマイホームの取得を今のうちに検討しておくと良いです。

慌てて返済してはいけません

住宅ローン減税の10年が経った後は、その時の金利状況を見ながら繰上げ返済をするか、そのまま約定返済をするか決めましょう。覚えておくべきことは、住宅ローンの金利は自動車ローンや教育ローンに比べてはるかに低いということです。これは時期によるものではありません。マイホームは担保に取りやすく、その分、貸出資金の回収をしっかりと図ることができるため、どのような時期でも金利を押さえることができるのです。そのため、もしも、繰上げ返済をしようと考えている時期に自動車の買い替えや子供の進学などあるようであれば、改めてローンを組まず、繰上げ返済分をこれらの資金にあてましょう。そうすることで、家計の負担を和らげることができます。